スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
くじけそうになった(^_^;)
またまた
義父に関しての愚痴のオンパレードです(^_^;)
長い(51日目です)入院生活が続く今

体調が良くなった義父は緊張していた精神状態も
平常に戻ったらしくて
我がままな性格があからさまに露呈し始めました(^_^;)

高齢者には特有のものらしいですが・・・。

生活のほとんどの動作を自分ひとりではできていません
周りの人間(特に自分の妻である義母や看護師さんたち)の
世話になっているという自覚と感謝の念があまり見られず
義母も連日の病院通いのストレスと疲れがあらわになっている様子。

それに加えて主治医の説明不足が加担(^_^;)
コミュニケーション不足が招いた結果なのですが・・・
リハビリの重要性を
義父本人も義母もよく理解できていなかったのです

入院が必要だった主訴の病気の方が良くなり
すこぶる体調もいいのだけど
長い期間、安静にしたおかげで
「起き上がれない
座れない
もちろん、立ち上がれず、歩けず」
の「廃用症候群」そのものなんです(^_^;)

せめて入院前まではできていた
「自力で座ってご飯を食べる」「立ち上がってトイレへ行き
自分ですませて また歩いて床へ戻る」こと願っているのです。
そのためのリハビリを毎日続けているのですが・・・。

全くやる気の無い義父にとっては
身につくはずがなく
リハビリの効果はほとんど見られません

寝ていても誰かがやってくれるのですから
あえて自分で身体を動かす気力が無いのですね

下の階にあるリハビリ室から迎えの車イスがきても
「寒いから」とかなんとか言って行かないことも。

ちゃんとリハビリを終えて病室に戻っても
ただ横になっているだけで自力で起き上がろうとさえしません。

もちろん紙おむつもずっと使っています。

誰にも構ってもらえない疎外感も強く持っているみたいです。

4人部屋の他の患者さんはあまり経過が思わしくない方々ばかりのようで
それぞれの主治医や看護師さんたちが慌しく処置や看護で
病室を何度も訪れますが義父に関しては検査も何もないので
義父は病院にいる事さえ
退屈でしょうがないのでしょう。

最近では我慢の限界を迎えて
ふてくされた様な態度も見られます

そんなやる気ない義父の暴言や行動を一番身近かで受け止めている
義母ももう我慢の限界を迎えてます。

実はワレワレ息子夫婦で
リハビリ中心の病院への転院や自宅での「訪問リハビリ」の利用などといった
義父の退院後のケアプランを立てていましたが
義父の態度の悪さと義母の強固な意志で見事に一蹴されてしまいました

今度はこちらが凹みかけています(^_^;)

今、まさに「寝たきり老人」になってしまっている義父を
自宅で義母ひとりが介護するには無理なのが誰の目にも明らかです

しかし
リハビリ治療を続ける意思が全く無い義父を病院に入院させておく
必要は無いわけで
厳しい現実を実感させる意味で来週の月曜日(5日)
一時帰宅することに決定しました。

でも不思議です!
今、こうやってブログに書いていると・・・
現実で起っている事を冷静にかつ客観的に見れるためなのでしょうね

頭の中だけで考えてゴチャゴチャしている物事が
整理されていくようで
スーッと気持ちが落ち着いてきます(o^-^o)

イライラしている自分が今ここにいる
でも
困難な時ほど試されているような気がします





スポンサーサイト
【 2005/12/02 08:38 】

| 家族 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<明るい兆しが・・・♪ | ホーム | ☆記念日☆>>
コメント
--- ---

ご苦労お察しします。

わがまま・・・これは誰にも当てはまるんだなぁと思いました。

自分の父もいろいろありましたが、今現在は落ち着いています。

本が好きでよく図書館で借りた本を読み、ラジオ(といってもたぶんテレビの音声放送)を聴いてすごしているようです。

本人が一番大変なのかもしれませんが、周りの方々が心身ともに健康をくずさないようにしなければと思いました。

自分もいずれそうなるのかなぁと思ったりもします。

お体を大切に。
一番茶 * URL [編集] 【 2005/12/03 06:21 】
--- ---

コメントをいただいた方にはコメントをお返しさせていただこうと思ってまして、きてみたんですが、考えさせられました。

僕はまだ親がそこまで年をいっていないので、介護というものが身近でなかったのです。

誰にも構ってもらえない疎外感。
これは何に関しても、人に、そして周囲に影響を与えるんですね。

いろいろ考えたのですが、
お互いに沈み込んだままでは気持ちって伝染しあうものだと思いますので、周囲の方が体も心も健康をくずさないことだけをそっと祈ってます。

つたない文章で申し訳ないです。




ごうぶー * URL [編集] 【 2005/12/03 08:41 】
--- ---

4,5日PCの前に座る時間も気持ちの余裕も無く
お返事が遅くなり申し訳ありません

♪一番茶さん♪
うちの義父の場合は病気が治りましたので
丸っきり病人では無いのです
後は筋力を付けて日常生活動作を自力でできるようになれば
帰宅できるのがせめてもの幸いですね♪
今入院している所は大きな病院ですのでそれはそれは重篤な患者さんが多いです
家族の皆さんの心配や毎日の看病も精神的にも体力的にも相当辛いものだと想像ができます。
労いのお言葉
ありがとうございます♪

♪ごうぶーさん♪
ご訪問ありがとうございます!!

これも何かの縁ですね(o^-^o)今後ともよろしくお願いします!!

介護・・・今回のことでは
義父本人のお世話よりも
周りの近い人々の感情がモロに影響して「精神的に疲れたなぁ~」と言うのが本音です(^_^;)
今は介護保険の制度を利用して家族のみではなく公的に
介護の助けの手を借りる方法もあります
いかに暗く深刻になりすぎずに「頑張らない介護」を工夫するかが
必至だと身を持って理解できました!

私は実の娘ではなく嫁の立場なので
かえって距離を置いて冷静に事態を観察(?)できたのが
良かったのかも・・・なんて思っています。

いろいろとお気遣いありがとうございます♪(*^▽^*)♪
まぁむ * URL [編集] 【 2005/12/07 09:44 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maam.blog7.fc2.com/tb.php/216-bea42e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。